2008年09月10日

■子どものケガ

子どもの動きは予測がつかないということを痛感した日。
開店直後のスーパー。
お菓子売り場にわくわくしながら駆け出した娘@ららちゃん。
「ママ〜、こっちよぉ〜♪」とこちらに笑顔で振り返り、前を向いた途端、そこには金属の陳列棚の角が。
慣れてる店でこんなことになるとは。
おでこから流れた血に、びっくりするららちゃんを抱っこして、公衆電話からタクシーを呼び、病院へ。
ありがたいことに、受付けの職員がすぐにこちらに気づき、創傷センターへ案内してくれました。
泣いているららちゃんに看護士さんが可愛らしいシールをくれました。
でも、ららちゃんは怖がって、みんなに「ありがとう。ありがとう」と言って帰ろうとします。
抱き上げて、傷を確認してもらったところ、Drが「ひと針縫おう」と一言。
すぐさま、ベッドへ移動し、ららちゃんの体にバスタオルがぐるぐる巻かれ、看護士さん3名がららちゃんを取り囲みました。
「おかあさんは外でお待ちください」と言われ、カーテンが閉められます。
ららちゃん、「ママは?」と声を挙げています。
「いるよ〜」とカーテン越しの私。
「シールは?」
「あるよ〜」
「ママ、どこ〜?」
「大丈夫、ここにいるよ〜」
そんなやりとりの間に、手際よく処置は進み、ららちゃんも落ち着きました。
みんなにバイバイして退室。
いちごのシール、気に入ったようです。
がんばったららちゃん。踏ん張った私。
病院から出る前に、ちょっと落ち着きたくて、待合室で自販機のジュースを飲みました。
どうしてあの時、手を繋がなかったのだろう、とかいろんな思いが溢れてくるけれど、「ももジュース、おいしい」とニコニコしてるららちゃんを見て、小さなケガで済んでよし、これ以上の痛い思いは絶対させるものか、と思いました。
…それでもこれからいろいろあるだろうけれど。
我が子の初チクチクは、ららちゃんでした。
まだ誰も骨を折ってないけど、それもいつかはあるのでしょうか。

posted by ひなっぺた at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

■保険の更新

太郎さんの生命&三大疾病保険の更新の時期が来たので、営業所の所長さんが来訪。
実は、今後の医療費は貯蓄でまかなうことにし、生命保険のみ他社の保険に加入してあります。
今回は利率のよい主契約のみ残し、特約は更新せず、掛け金がぐんと上がる三大疾病の保険は解約の予定でした。
ところが、面と向かうと、なんだかいい人に思えて、むげにもできない…、菓子折りまでいただき、話をしていれば、なんとお嬢さんはららちゃんと同い年で、子育てサークルのお仲間。
あの子のパパなんだ!と思った途端、頭の中で解約の話はかき消えて、保障額を抑え、掛け金を減らすことで継続する方向に。
冷静になるため、太郎さんと相談してから決める、と伝えました。
が、帰宅した太郎さん、「人間味があっていいじゃん」と一言。
もともと、太郎さんの同僚が転職して保険の外交員になったので、そのノルマのためにぱっと入った保険です。
しかも、「その人に『自分だけじゃ決められないので、奥さんになる人に聞いてくる』と言ったよ」と私に言ったのが、事実上のプロポーズ。
だから、「お守りとしてもっておきたい」と太郎さんが言うのも、ちょっとうなずけます。
トータルでは以前より全体の支出を抑えてあるので、GOサインかも。
こだわり始めるとなかなか大変な保険の契約です。。。
posted by ひなっぺた at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

■かぼちゃクッキー

本日の親子料理教室のメニューは「かぼちゃクッキー」。
夏休みボケか、開始時間を勘違いして遅刻してしまいました。
他のメンバーはバターと砂糖をすり混ぜているところで、ららちゃんと私は、そこに少しずつ溶き卵を加えるところから参加しました。
…時間がたつと、卵とバターって分離してしまうんです。
でも、改めて混ぜるとつやつやに。
レンジで柔らかくしたかぼちゃを、フォークでつぶして加えます。
ららちゃんがふるった小麦粉&ベーキングパウダーをさくっと混ぜ、スプーンで天板に落とし、形を整えます。
この作業、個人差がはっきりと現れます!
丁寧に丁寧に形をつくる人、焼いているうちに形が広がるので大まかでいいや、という人(=私♪)、さまざま…。
焼き上がりは、さくさくというより、柔らかいミニケーキのような感じで、かぼちゃの甘味がたっぷり。
これに苦いコーヒーがあったら、最高かも、と思いました〜。


posted by ひなっぺた at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

■初朝顔

初朝顔
 
なにかのイベントで配られていた花の種。
育ててみたら、大ぶりで斑入りの朝顔が咲きました。
ふるさと秋田では「お盆が過ぎたら、一気に寒くなる」と言われていますが、今年、わが町でもそんな感じ。
すると、朝顔も敏感に反応して、たくさんの蕾をつけ始めました。
もう一種類、小さな青い朝顔も咲き、双方絡まりながら、朝の挨拶をしてくれています。
posted by ひなっぺた at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

■農作業

農作業
 
これまた以前の話題。
帰省中の子どもたちの楽しみのひとつ、農作業。
トマト、スイカ、とうもろこし、ジャガイモなどを収穫します。
ららちゃん、お砂場着が、農作業にぴったりです。
…子どもたちの喜ぶ顔を考えて、作付けを考えるじぃじ、ばぁば。
難を言えば、子どもたちのためにあれこれおやつを買い込んでしまうので、せっかく採れた野菜たちを味わうタイミングを逃してしまいます。
アイスを出す前に、スイカを切ればいいのに。
サイダーを飲ませる前に、自家製トマトジュースを用意すればいいのに。
おせんべ配る前に、ふかしたジャガイモやとうもろこしを出せばいいのに。
 
とにかく、あれもこれも、食べさせたい一心なのですね。
親心ならぬ祖父心&祖母心。
感謝です。



posted by ひなっぺた at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

■迎え火

迎え火
 
少々、前の話題ですが、お盆に帰省した折、子どもたちは初めて「迎え火」を体験しました。
ご先祖様が帰ってくる…という話は、ぴんとこないようです。
でも私には、お墓をぴかぴかに掃除して、ご先祖様が迷わずに来れるよう、目印に火を焚くというのは、なかなかおもしろい行事に思えます。
焚き火すら出会えない子どもたち。火を起こす作業も、新鮮だったことでしょう。
posted by ひなっぺた at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

■キバナコスモス

部屋の掃除は苦手なのに、庭の草むしりは大好き。
ららちゃんと土いじり、水遊びをしながら、ちょこちょこと集合住宅の草むしり。
ついでに片隅に花を植えています。
住人の方と顔を合わせる機会も増え、よかったら…といただいたのが「キバナコスモス」。
自分が蒔いたものなら、枯れても仕方がないと思えるけれど、ひとさまからお預かりしたものは、必ずや咲かせなければ、と責任感が芽生えます。
暑い日は、日が落ちてから水遣り。時々、肥料を。風の日にはテープで補強。
無事に花が咲き、ほっとしています。
 
キバナコスモス



posted by ひなっぺた at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。