2007年06月09日

■花の帽子で海へ

初の海
 
ららちゃん、海を見たことはありますが、波打ち際まで来たのは初めて
です。
さっちまの時はすごく興奮していたのを覚えていますが、ららちゃんは波音に驚いたのか、くるりと向きを変え、来た道をすたこら…。
砂浜より岩場に興味を持って、上手によじ登っていました。
  
花の麦わら帽
 
市販の麦わら帽子のリボンを取り外し、麻のリボンを付け、手編みの花のモチーフと、ウッドビーズを飾りました。
明るい感じで、気に入っています。
編んでいる間、ららちゃんは毛糸をひっぱりだしたり、ビーズをぱらぱら撒いたり、大忙し。
いつか手仕事する日が来るかな…。
posted by ひなっぺた at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

■部活の費用

バスケットボール部のユニフォームを注文しました。
部員数が少ないため、価格は1万円!
他に練習用のTシャツも申し込みました。
先日、ネットで買ったバスケットシューズは9800円、家で練習するためのバスケットボールは7000円でした。
冬にはウィンドブレーカーやトレーナーも購入するので、結構お金がかかるんだなと思いました。
(それでも野球部の方が、道具も含めてもっと大変なようです。)
 
学用品については、収入の少ない世帯には自治体から援助があるそうですが、部活の諸費用を捻出するのは難しいかもしれませんね。
吹奏楽部(打楽器)出身の私は、シンバルを磨くポリッシュ(1000円ぐらい)と、ドラムを叩くスティック(練習用1500円と本番用3000円)を時々購入する程度の出費ですみました。
他の楽器の人もリードを買うぐらいで、コンサートで着用するブレザーやスカートも町から支給されました。
 
バスケの試合のたびに保護者は差し入れをし、品物の代わりに菓子代として500円納めることもあります。
でも、お弁当と一緒に水筒を持っていているのだから、ジュースだのお菓子だの応援する下級生までそんなに配らなくてもいいのにな、とも思います。
私の頃に比べて、部活がおおごとになってるような印象があります。
まだ私も「ビギナー」だから、おいおい質問していきたいと思います。
 
家族でアニメ「スラムダンク」を見たばかりなので
太郎さんが
「立派なものにしなくても、桜木花道みたいに、テープを数字の形にぺたぺた貼って、ゼッケンにしちゃえばいいじゃん」と言うのも
なんだかよく分かります(苦笑)。

posted by ひなっぺた at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

■成長を楽しむ目線

「3人目のお子さんだと、親もゆとりができて楽しいんじゃない?」と知り合いに言われました。
そこで私が
「そう♪それに、今日やっていることを明日はやらなくなると思うとますますかわいくて」と話したら、きょとんとした顔に。
 
…言い方が下手だったかな。
 
子どもの成長って、「昨日までできなかったことが今日はできるようになる」というイメージですが、今日していたことを明日はやらなくなることもあるのです。
今日、たとえば洗濯の粉末洗剤に興味を持って、こちらが目を離した隙に、スプーンで床いっぱいにまいていたり、オモチャの箱を台にして、テレビによじ登ってみたり等々、びっくりさせることをしていても、ちょっと大きくなったら、もう本人はおもしろがってやりそうにはないでしょう。
家族を真似て、食後に「ごちそうさま」(のような言葉)を言い、それがうれしくて自分でぱちぱち拍手をしてる、そんな可愛らしいしぐさも、今だからこそ出会えるのです。
だから明日はもっとお利口さんになってしまうかもしれないららちゃんの、今日のいたずらを(危険なことは、やってはいけないけれど)「ひゃあ〜。。。」と驚き困りつつも、なんだか楽しんでしまいます。
posted by ひなっぺた at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

■テストの結果

中学校の定期テストは、毎回、点数、平均点、偏差値、順位が書かれた紙が個人個人に渡され、親がハンコを押して学校に返すことになっています。
どんな風に見たらいいのか…実はよく分かっていません。
偏差値が高い!と感心しても、平均点自体が高く、どうやら簡単なテストだったんだなぁと思い当たったり。
だから、学年順位で見たほうが、我が子の“位置(できる子なのかどうか)”が見えてくるかもしれません。
でもそれも、今自分が属する学校の中だけという、狭い範囲のことだからな…。
そんなことを考え始めると、全国模試だの学力テストだのをして、正確な位置を知りたいという欲求にかられます。
 
そんなことで、いいのでしょうか?
 
子どもの知的好奇心、探求心こそ大切だと考えてるくせに、かなり俗っぽい私。
成績よりも、返ってきた答案の、つまらないことで間違えた問題や、ファインプレーだった問題に目を通したほうがよいかもしれません。
5月に中間テストで6月に期末テストというハードスケジュールに、おどろいてしまいました。
posted by ひなっぺた at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

■新しい自転車

新自転車
 
てえてえが自転車に乗れるようになりました。
ただ、自転車(さっちまのお下がり)が小さくて、ペダルを漕ぐ時、膝がハンドルにぶつかってしまいます。
せっかく気持ちが乗っているんだから…と、新しい自転車を購入しました。
新車は22インチ。1万円ちょっとのお値段です。
それでもまだ小さめな感じもあるけれど、急に大きなサイズになってぎこちなくなるのも惜しい気がして、決断しました。
てえてえ、張り切って練習し、ハンドル操作もできるように。
その達成感が、宿題や家事にも波及し、とても積極的です。
…1年に1回くらい、こんな時がやってくると、私もわくわくするなぁ
。頼むよ、てえてえ。



posted by ひなっぺた at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

■帽子の習慣

麦藁帽子
 
ららちゃん@1歳半は、帽子をかぶせるとポイっと脱ぎ捨ててしまいます。
帽子をかぶる習慣は、むきになってまですることではないけれど、かぶってくれた方がうれしいなぁ、とあれこれ作戦をたてています。
ベビーカーに乗っている際は、ストップして、帽子をかぶったらスタートするようにしています。
すぐに「帽子=お出かけ」と覚え、外に行きたいときは自分から帽子を持って来てアピールするようになりました。
家事をしてる時でも、なるべくやめて、とにかくららちゃんの要求を受け入れて外へ。

「帽子をかぶると得をする」と感じて欲しいのです。
  
家の周りを一周するだけでも喜んでくれます。
「じゃ、“おいしい”を食べようか?」と家に誘い、「おいしい!?」と顔を輝かせるららちゃんを連れて戻り、牛乳やヨーグルトを与え、再び家事へ。
時間ができたら、市販の麦藁帽子のリボンを別のものにしてみたいなと思っています。
posted by ひなっぺた at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

■中間考査

さっちま初めての中間テスト。
太郎さんに「お祭り騒ぎだね」といわれてしまうほど、私は舞い上がってしまいました。
実はこちらの地域では、高校入試の際、テストと中学の成績の配分が1対1。
最後に力を発揮する、というより、普段からきちんと勉強しておかなくてはいけません。
だから「まだほとんど授業が進んでないから」とか「入ったばかりでテストの勝手が分からないから」などとは言っていられないのです。
 
授業のノート自体、2〜3ページしか書かれていないため、小学校の復習と、参考書を使って重要なポイントを確かめて覚える勉強をしました。
テスト前日になっても、発表された範囲まで授業が届かず、面食らってしまいました。。。
私自身は、テスト勉強で親の世話になったことはありません。
過保護&過干渉ってやだな、と気をつけつつ、世話を焼いてしまいました。
ありがたいことに、さっちまははっきりと「おかあさん、中間テストのせいで、ぼく、勉強嫌いになっちゃうかもしれないよ」と言ってくれるので、「そうだね〜」と相槌を打って、やり過ぎずに済みました。
あらかじめ決めた計画を達成したら、そこですっぱりやめて、ゲームをしたりDVDを見たりして過ごし、早寝早起き。
コンディションよく、取り組めたようです。
勉強に「楽な道」はないけれど、これからは自分なりの方法を見つけて、こつこつがんばって欲しいです。

posted by ひなっぺた at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

■すべり台の向こうには

すべり台の向こうには
 
トンネルのような形のすべり台。
すべっている間、誰の姿も見えないから、ららちゃんはちょっと心配そう。
でも、出口から、太郎さんがちょっと顔をのぞかせたので、安心してすべりだしました。
 
通常のすべり台より面白かったらしく、何度も何度も遊びました。
posted by ひなっぺた at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

■母の日にケーキを

母の日ケーキ
 
さっちまがフルーツたっぷりのケーキをプレゼントしてくれました♪
実は、さっちまは果物が苦手。
自分は食べられないケーキを、私のために作ってくれたのです。
 
事前に「どんなケーキがいい?」と聞かれたので、
私は「クリームにオレオ(クッキー)を混ぜて」とリクエスト。
さっちまは、それにみじん切りのイチゴも加え、市販のスポンジの間に塗りました。
…これが大成功!ほろ苦さと甘酸っぱさが美味でした。
苺、キウイ、黄桃を飾って、きれいなケーキが出来上がりました。
 
てえてえは、クローバーの鉢植えと、チョコレートのプレゼント。
私は気づかないふりをしていましたが、数日前に、洋菓子店の陳列棚のガラスに、顔をくっつけるようにして品定めをしていました。
その様子がとても可愛らしく、あの時点で私にはすばらしい贈り物でした。
みんながケーキをほおばっている間、残ったオレオをひとりかじっているさっちまに、てえてえのゆるしをもらって、チョコレートをあげました。
本当にありがとう。
posted by ひなっぺた at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

■落下を防ぐ

外出の際に、てえてえが
「ママ、庭が散らかってるね」と言うので目をやると、
オモチャや紙切れなどが植え込み周辺に散らばっていました。
「カラスの仕業かな?」と首を傾げつつ公園へ。
 
ところが、たっぷり遊んで熟睡のららちゃんを抱えて帰ってきた時には、物がもっとあふれていたのです。
ティッシュの箱、大人の服、学校のおたより、習字の道具等々。
どう見てもカラスが犯人とは思えません。
見上げると、集合住宅の窓が一箇所だけ開いていました。
2歳くらいのお子さんがいるお宅です。
 
…窓からぽいぽいしちゃったんだろうなぁ。
 
チャイムを鳴らし、出てきたお母さんに
「もしかして、窓から庭に物が落ちていないでしょうか?お子さんのものがあるみたいですけれど。」と伝えました。
ドアを閉めた後、さっそく部屋に行き、窓から下を見て事態をのみこめたのでしょう、「えぇっ!!!」とショックを受けたような声が聞こえてきました。
これからママの大仕事。(ご苦労をお察しします。。。)
 
帰宅した太郎さんに話すと
「物を投げるだけで良かった。落ちたものを見ようとして、窓から身を乗り出したら、小さな子どもは頭から落ちちゃうよ。」と言われました。
笑い事では済まされないのだとはっとしました。
 
我が家では、さっちまの部屋の窓が心配。
換気の際に、ベッドや机にららちゃんがよじ登ったら、危険です。
翌朝、ホームセンターへ。
窓にロックを付け、必要以上に窓が開かないようにしました。
部屋のドアの上部にも、小さなかんぬき状の錠を取り付け、私の目が届かないときには部屋に入れないようにしました。

錠前
 
いやはや、子どもを守るって大変。
posted by ひなっぺた at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

■練習練習また練習

初心者のさっちまがバスケ部に入って約2週間。
普段は、家族の夕食が済んだずっと後にお腹ぺこぺこで帰宅し、土曜・祝日の午前にも練習があります。
休めるのは日曜だけ。
さすがに疲れがたまっているようです。
 
練習時間は、部活によってばらばらのようです。
他の部に入った友達が「遊ぼうよ♪」と電話してきても「ごめんね、まだ帰ってきてないの…」とお断りすることがしばしば。
これまで、こんなに体を動かした経験がないから、おさまっていた喘息がぶり返すのでは…、と私はひそかにはらはらしています。
 
今日もドアを開けるなり「いやぁ、きつかった〜」と言うので、
思い切って(でもさりげなく)
「…続けたい?」と尋ねました。
うん!と力強い返事。
 
ちょっとびっくりしました。
そういえば、今朝から電気かみそりで髭を剃ってるんだよなぁ。
posted by ひなっぺた at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

■バスケットボール

さっちまがバスケット部に入りました。
今は、入部届けに親の承諾も必要だと知り、驚きました。
ハンコを押して、担任の先生へ。
保護者、担任の承認を得て、晴れて入部となります。
 
自分の練習用のボールが欲しいと言われたので、スポーツ用品店で購入しました。
素材によって値段もまちまち。
コーチは安いゴム製でいいと言ったそうですが、太郎さんは「感触が大事!試合球に近いものを」と合成皮革のものを薦めました。
(私はあまり違いが分からない…笑)
体験入部を一週間みっちりやって、本人はすっかりやる気です。
私は、
非科学的なしごきがあるのでは…、
先輩がいぱっているのでは…、
と、あれこれ気がかりでしたが、初心者のさっちまに、丁寧に手ほどきしてくれているようです。
 
ららちゃんが興味津々で、さっちまの部屋に入り込んでは、ボールを持ってきます。ボールって魅力的なのね。
posted by ひなっぺた at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

■くつした女王

ららちゃん@1歳5ヶ月が常に動き回るので、目が離せません。
洗濯用洗剤で、さらさらと砂遊び。
ガスコンロのスイッチを押してみる。
ベランダにも出てみたいし、お風呂場にも興味津々。
 
…赤ちゃんは常に危険と背中合わせです。。。
 
様々な対策を講じていますが、ららちゃん、意表をつくこともしばしば行います。
親として鍛えられる毎日です!
 
先日、洗濯物をたたんでいるてえてえに近づき、何を思ったか、てえてえのパンツを引っ張り出して、ズボンの上からはき始めました。
ちゃんと片足ずつ足を通して、最後は立ち上がって引っ張りあげました。
思わず「うまいっ」と拍手してしまいました。
次に、てえてえの靴下を右足に。
(自分の靴下だと、ぴったりし過ぎてはきにくいんだよね。)
するっとはけたのがうれしかったのか、もう一足も、同じ右足に重ねてはいてました。
上手上手♪
 
ちょっと用があるときに、ららちゃんにてえてえの靴下を渡すと、嬉々として挑戦しはじめるので、その隙に用を済ませてしまいます。
靴下様様です。次はどんな作戦になるのやら。


posted by ひなっぺた at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

■中学校入学式

中学校入学
 
桜に囲まれた校舎。
古い古い建物だけれど、あちこちに「詩」が飾られています。
この場所に愛着がもてるようになれるといいな。
入学式は「乳幼児はご遠慮ください」とのことだったので、庭を散策。
抱っこひもの中でららちゃんがすやすや眠ってから会場へ行くと、先生がわざわざ椅子を運んできてくれました。ほっ。
 
さっちまは不安と緊張でいっぱい。
…新入生はみんな、おんなじ気持ちだよ…。
でも、他の小学校から来た生徒とも、同じ祭りに参加した縁があったりして、いろいろ話ができたようです。
 
兄弟の一番上って、いつも道を切り開く役目を負うんだよね。
お兄さんやお姉さん、もしくはお父さんやお母さんがOB・OGだったらいいのにねぇ。
役に立てなくて申し訳ないけれど、共に荷物を持ち合うつもりで見守っていきたいです。 
posted by ひなっぺた at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

■ええなぁ

遊びに来たさっちまの友達。
いつも4時半頃に台所に立つ私に、決まって
「おばちゃん!今日のおかずは何?」と尋ねます。
「カレーライスだよ」と答える日もあれば
「ぎょーざだよ」と答える日もあり、毎回いろいろなんですが…。
 
彼はいつも
「ええなぁ〜、オレの大好物や♪」と言い、、さっちまをちょんちょんと突っつき、「アンタ、しあわせや〜」と言うのです。
 
何回かそんなことがあって、
聞くたびに私もうきうきしてきます。
…お母さんにもそう言ってあげるときっと喜ぶと思うなぁ。
私もついついおやつを多めにあげたくなっちゃう(笑)
 
来週から彼らが詰襟の制服を着て中学校に通うなんてちょっと信じられないのですが、今の笑顔をずっと見ていたいです。

posted by ひなっぺた at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

■ついに突発性発疹

ららちゃん、数日前より39度台の高熱。
念のため、インフルエンザやプール熱の検査を受けましたが、
陰性なので、風邪らしいとのこと。
いつもは高いところによじ登らずにはいられないららちゃんも、ずっと私にしがみついたまま。
一日中熱があるわけではなく、すっと下がったときには、てててて…と駆け出します。
しかし、熱が上がり始めると、水分以外は受け付けないのです。
さっちまの卒業式に行くのも、かなり負担をかけてしまうのではとすごく心配でした。
でも、熱がぶり返すことはなく、全身にぱらぱらと小さな発疹。
 
突発性発疹だぁ。
 
診療所には今、インフルエンザの患者さんがあふれているので、確定診断には行きませんが、これはかなりの確率で突発疹。
ミカンをせがみ、引き出しやゴミ箱の中身を出して探究活動に熱心な姿は、いつものららちゃん♪
大変だったね。がんばったね。
posted by ひなっぺた at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

■卒業式

バウムクーヘン
 
さっちまの卒業式。持ち帰ったのは、紅白饅頭ではなくて、バウムクーヘンでした。
地元のケーキ屋さんが、週に一回だけ店頭に出しているものです。
前々から食べてみたかったけれど、さっちまのおかげで願いが叶いました♪
 
式は、写真やビデオの撮影が禁止されている厳粛なものでした。
(卒業証書授与が始まったら、ららちゃんは生徒さんと一緒に「はいっ!」と返事をしだしたので、外に出ることに。笑)
ガラス越しに見たさっちまは、落ち着いて式に臨んでいました。
ららちゃんはほとんど泣いて過ごしたのですが、集合写真に、奇跡的に参加することができました。
ららちゃんをあやしている間、教室の最後の板書や、転任された先生から届いたメッセージなどを写真に撮りました。
なんだか、すがすがしい一日でした。
posted by ひなっぺた at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

■アルバム作り

アルバム作り
 
てえてえがこの一年で描いた絵や作文を綴じて製本する作業が、学校で行われました。
朝8時35分から昼まで、親子でみっちり作業をします。
てえてえがとっても楽しみにしていたので、太郎さんにららちゃんの子守を頼んで、てえてえと私の時間にすることに。
ところが、きちきちのスケジュールで、結構大変でした。
始めは、一つひとつのページを、親子共同作業で折っていましたが、ページの貼り合わせの工程に入ると、先生は、親だけでやって方が良いと判断し、子どもたちは外遊びへ。
 
…でも、てえてえは教室の外へ出たがらないのです。
(気持ちはわかる!)
仕方なく出て行ったけれど、すぐに戻ってきました(笑)
普段はららちゃんがいるから、親子二人っきりになる時間はありません。
一人で行動したがることもあるけれど、まだまだ親と一緒にいたい年頃でもあるんですね。
  
布で作った表紙には、てえてえの絵をもとにして、私が刺繍をしてあります。
表紙をぴんと貼るのに難渋しましたが、なんとか作り終えることができました。
年々、不器用になってるなぁ、と実感。
でも、とっても楽しかったです♪
posted by ひなっぺた at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

■授業参観

校庭で遊ぶ
 
今年度最後の授業参観。
てえてえの体育は、親子でドッヂビー対決です。
ドッヂビー公式サイト
 
ドッヂビーは、フライングディスク(フリスビー)でやるドッヂボール。
柔らかい素材なので当たっても痛くないんです。
子どもの頃、顔面で受けたドッヂボール、硬かったなぁ。
でも、ららちゃんを抱っこしたままコートに入ったら、先生やてえてえから「危ないから…」と言われたので、観戦することに。
ららちゃん、土いじりに夢中です。
 
さっちまの学年は、憲法について各々がポスター発表。
先生が話しているときに、さっちまにららちゃんが駆け寄ったら、さっとららちゃんを抱っこして、そのまま静かに話を聞いていました。
その姿に、見ていた保護者たちの間から「おお!」という感嘆の声があがりました。
「すごく自然で、いつも面倒をみてるんだな、と感じたわ」と後から言われ、鼻高々。
「まるで若いパパ」とも言われました。あはは。
posted by ひなっぺた at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

■卒業式の準備

新しい体育館が完成し、まっさらな場所で卒業式ができることになりました。
さっちまたちが、卒業式で一人ひとりが順々にしゃべる台詞の割り振りも行われたそうです。
先生が「この台詞、言いたい人〜?」と尋ね、子どもたちが挙手したそうで、元気な男の子たちは、とっとと役目を終えて楽になりたいのか、冒頭の名を連ねています。
 
クラスで仲間はずれにされていた女の子も、「やさしい気持ちで」という台詞を担当していました。
最近、友達らしき女の子と一緒に帰っています。
以前は、一人で帰宅する彼女に「おかえりなさい」と声を掛けていました。
そのうち、彼女の方から会釈してくれるようになりましたが、今は友達とのおしゃべりに夢中で、私のことを忘れているようです。
…それが、とてもうれしいです。
 
さっちまは、簡単な短い台詞なのに、時々、思い出しては練習しています。
私の中学時代は、悩みの連続で、楽しいだけの時間ではありませんでした。
心がぐらぐらする時期になるかもしれないけれど、誰にとっても、より良い時が与えられますように。オバチャンは、願ってます!

posted by ひなっぺた at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。