2010年02月22日

■入園準備

ららちゃんは、春から公立幼稚園に通います。
本日、制服(スモック)とカバンを購入。
子どもたちが、他の子のものと区別ができるように、名前だけでなく目印をつけるように説明を受けましたが…。
 
在園生のスモックを見てびっくり!!!
 
デコ電だのデコクロだの、昨今の流行りに遅れじとばかり、スパンコールのキラキラワッペンや、レース、アップリケなどがたっぷり。
(他の物と一緒にがんがん洗濯するのは無理。。。)と恐れおののいてしまいました。
 
私はシンプルで可愛らしいチロリアンテープをポケット口に縫い付けて、名札を付ける胸の部分に補強用のワッペンを貼る程度。
さっちまたちが使っていた上履き袋も、アイスティーのおまけについていたスイーツのストラップを縫い付けて、女の子仕様に。
たまには、ちくちく、針仕事も楽しいものです。
posted by ひなっぺた at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

■上履きや〰い!

二男てえてえ@5年生は、週末に上履きを持って帰っても、洗うのを忘れて、月曜の朝に「げげっ!」と慌てています。
それにげんなりした私は、てえてえに「工夫しなさいっ」と発破をかけました。
そこで編み出したのは、「上履き洗いチェック表」。
毎週土曜日の日付が書いてあり、洗ったら印をつけるようになっています。
お見事!と感心していたのですが…。
 
もう、3週間も、上履きを学校から持って帰っていないexclamation×2
 
これって、洗う以前の問題。
posted by ひなっぺた at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

■合格発表

さっちまが、高校の合格発表を友達と一緒に、お母さんの車に乗せてもらって見に行くと言うので、ストップをかけました。
どちらかが受かってどちらかが落ちてしまったら、帰りの車はどんな雰囲気に…と思ったからです。
そこで我が家はタクシー。
緊張してないと思っていたのに、車中ずっと無言でした。
早々と着いてしまったので、合格者の紙が貼り出されるのをしばらく待つことに。
ららちゃんが楽しそうにぐるぐる駆け回ってるのがちょっと救いでした♪
…はじめての場所だもんね。
学校見学も生徒だけで行ったし、受験日も太郎さんが送って行ったので、私も初めて学校の敷地に入りました。
 
2時になり、合格者の番号が貼り出されました。
さっちまの中学から受けた全員の番号がありました。
ほっとして、涙ぐむお母さんも。
これまでの大変な思いが分るだけに私もじ〰ん。
ずいぶん時間がたってから見に来る子も。
どきどきしていたんだろうな。
でも!
あるよ、キミの番号exclamation
 
その場で、たっぷり課題が渡されました。
問題集や読書感想文。
浮かれ過ぎないよう、ご配慮ありがとうございます。
わーい(嬉しい顔)
posted by ひなっぺた at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

■40母は惑う

育児サークルに行くと、他のママたちがとっても若いことにちょっと気後れすることがあります。
ららちゃんは私が40歳の時の子ども。
第一子のママは20代前半が多いので、ママよりもおばあちゃんに年が近いことに。
だから、他のママから敬語で話しかけられることも多いです。
 
女の子のせいなのか、ららちゃんは外見にすごく敏感で、白髪の太郎さんをちょっと嫌がります。
私がピアスしたり、おしゃれしたりすると、「ママ大好き〰」と寄ってくるので、子どものために少々気をつかってあげなくては、という気にさせられます。
 
…でも、大変。
変な若づくりって、かえって逆効果だし。
若い時はすっぴんでしたが、この歳になってみると、マスカラするだけで、顔が変わるのがはっきりわかるんです。
服もなんとかしなきゃな〰。
 
親子で楽しむ時間にしたいな、と思ってます。


posted by ひなっぺた at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

■高校受験

早いもので、第一子さっちまが中3。
公立高校の推薦入試を受けました。
こちらでは、3月の一般入試の前に、様々な特色あるコースの推薦入試が行われます。
とはいえ、面接や小論文だけの試験ではなく、学科試験や実技試験もやるので、中学校では、1月に入ってからは、受験生だけ集まって、そのための勉強もしたようです。
(我が子は塾に通っていないので、受験準備は中学校に任せることに。)
大丈夫かな?不足してることはないかな?と気を揉みつつ、夫も私も地元民ではないので、情報不足のまま試験に臨むことになりました。
私にできることといえば、体調管理。
「お腹にくるカゼ」が流行っていたので、おまじないのように“乳酸菌”を摂取させました。
 
なんとか当日まで病気せずに済んだので、とりあえず私の仕事は果たしたかな〰。
posted by ひなっぺた at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

■日食をキャッチ!

てのひらに
 
待ちに待った日食。たくさんあった雲が、日食が始まったら少しずつ消えていって、さっちま&ららちゃんとともに観察することができました。
さっちま特製の装置で、太陽の光を紙にうつしだしていたら、ららちゃんが紙の代わりに、自分の手のひらで日食をキャッチ!
グー、チョキ、パーにのせてみたり、欠けた太陽としばらく戯れていました♪
posted by ひなっぺた at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

■バルーン体操

baruun.jpg
 
ららちゃんが通っている体操教室のイベントがありました。
大きな丸い布で「バルーン体操」をして、布の中にもぐったりすることは、これまでもありました。
でも今回初めて、自分たちでふんわり空気を含ませた布に、よじ登ることに。
(わくわくするね!)
私も子ども時代、お風呂でタオルをふくらませて楽しんでいましたが、ららちゃんはもっと大きな規模で味わうことができるから、なんだかうらやましい…。
観覧していたさっちま&てえてえも、思わず「すごい」と洩らしていました。

posted by ひなっぺた at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

■休校中の過ごし方

ただいま、新型インフルエンザの流行により、この地域に患者さんはいないものの、さっちまの中学校、てえてえの小学校、ららちゃんの育児サークル&体操教室はお休み。
友達同士で遊ぶこともできず、家の中でずっと過ごしています。
 
課題のプリントだけじゃ、つまらないよね…。
 
私のおすすめのボードゲーム!
「勝ち残り頭脳大作戦」3歳児のららちゃんから大人まで、家族みんなで楽しめます。
  

 
ららちゃんのアトランダムな攻撃が炸裂。
考えすぎたさっちまが自滅。
などなど、盛り上がります。
 
毎朝8時、学校からのメールに、「元気だったら空メール」で返信。
そんな不思議な一週間が始まりました。

posted by ひなっぺた at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

■始業式前日

とても冷え込んだ一日。
ららちゃんは三輪車をすごい勢いでこいで写真屋へ。
ちょうど、写真屋の奥さんが、私たちのそばを車で通り過ぎていたそうで、ほほえんで迎えてくれました。
じぃじの所へ送る写真を数枚頼んだだけなのに、干支の湯のみまでいただきました。
にっこり。
ららちゃん、午後は熟睡。
寝起きでぐずっても大丈夫、まかせといて、とさっちま。
その間に修理したメガネをてえてえと一緒に取りに行きました。
メガネなしのてえてえはどこか危なっかしいので、手をつないで歩きました。
「今日は寒いから鍋がいいな」とてえてえ。
エコバックいっぱいに、白菜や肉やねぎ、きのこ、くずきりなどを買い込んで帰りました。
今日は、「なべ用のせんべい」も加えました。
〜ほとんどの食材を胃におさめた息子たち、明日は登校です!〜
posted by ひなっぺた at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

■宿題は大掃除

さっちま@中2の家庭科の宿題は、「家の中のどこか一部屋(自分の部屋は除く)を掃除し、レポートを書くこと」だそうです。
掃除前と後の写真を撮って提出するので、あまりに汚すぎると、私としてはちょっと恥ずかしい。
でも、変わり映えしないのもマズイ…ということで、さっちまが選んだのが浴室。
背の高いさっちまは、普段なかなかきれいにできない天井部分の隅っこの汚れなどを落としてくれました。
浴槽と壁の境目や、網戸、操作盤の周囲の汚れも歯ブラシで丁寧に。
カビ取り剤は、取り扱いが難しいので、お風呂用洗剤とスポンジと歯ブラシと古タオルだけでやりましたが、ずいぶんきれいになりました。
 
ありがたや。
 
レポートの“家の人の評価”には、もちろん「5」を記入しました。
posted by ひなっぺた at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

■一眼レフ

さっちまが両親にリクエストしたクリスマスプレゼントは「流星が撮れるカメラ」。
シャッターを開放する時間が長いものが良いそうです。
手軽なコンパクトデジカメでも、1分程度はできますが、一眼レフタイプだと押してる間ずっと開放、なんてことも可能です。
とはいえ、流星をとらえるのは運次第。
カメラになじむのが一番なので、帰省中の撮影係を任命しました。
でも、思いついたらぱっと撮る、のはコンパクトデジカメ有利ですね〜。
あらかじめ被写体が決まっていて、それについて準備した上でいい写真を撮る場合は、一眼レフの出番でしょう。
集合写真や花の写真などが向いてます。
自分のデジカメを買い換えようと思っていた私は、時たまさっちまのを借りようともくろんでいたけれど、早々と退散。
ららちゃんを追いかけるにはコンパクトデジカメ必須です。
posted by ひなっぺた at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

■海がきらきら

海がきらきら
 
育児サークルの野外活動で、海が目の前にあるキャンプ場へ。
芝生で遊んだ後、室内でおやつのパフェを作ります。
10時集合ですが、太郎さんの出勤前に車で送ってもらったので、9時過ぎに一番乗り。
係の人にOKをもらい、芝生を走り回ったり、葉っぱや木の実を集めたり、虫をさがしたりして過ごしました。
今にも雨が降りそうな空だったのに、強い風にどんどん雲が流されて、青空が見え始めました。
海もきらきら。
今回、パフェの材料の買出し係だったので、みんなが満足する量&価格だったのか、すごく不安でした。
アイス、コーンフレーク、ポッキー、フルーツの缶詰、トッピングのカラーチョコスプレー…、一人当たり120円で、子どもたちもおかわりして大喜び。(ほっ)
ららちゃん、パフェを持って、一つ上の男の子のそばにちょこんと正座。
「おいしいわね♪」なんて話しかけます。
周りのママたち、「いい雰囲気ね〜」と盛り上がります。
「お庭もあることだし、あとは若い者二人で」と、ちゃかします。
いつもよりお行儀がよいので、女の子の本能なのかな、と思いました。
食べ終えた後は、宿泊者用の2段ベッドによじ登ったり、女の子同士ひっぱりあいをしたり、活発なららちゃんに戻りました。。。
posted by ひなっぺた at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

■支えあいたい

月1回の「絵本サークル」。
いつものように、講師の先生がお勧めの絵本を紹介していきます。
その間、子どもたちはお母さんの膝に座って見ていてもいいし、部屋の後ろ側に用意されたたくさんのおもちゃで遊んでも構いません。
木製の汽車とレール、坂道を小さなボールがころころ転がって、きらきらとチャイムを鳴らすもの、布製の野菜や果物、木製のままごと道具など、魅力的なものばかり。
ららちゃん、次々と取り出していき、他の子がさわると「ららちゃんのっ!」と怒り出してしまいます。
抱き上げて「いっしょに、あそぶんだよ」と声掛けしつつ、内心では(先生の話をもっと聞きたいのに)と焦ります。
今回はレイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」や、「ふゆのめがっしょうだん」などの科学絵本が登場。
これらの本のおかげで、ちょっとの距離の散歩でも、わくわくする時間になるのです!
他の子もららちゃんに似たような状況で、部屋はにぎやかです。
でも、先生は丁寧に話し続けます。
「最後にお願いがあります。
九州で、子育てに悩んだお母さんが息子の命を奪う悲しい事件がありました。どうか、この絵本サークルを卒業した後でも、一人で抱え込まないで、いつでも相談にきてください」
 
先生の想いが伝わり、じんときました。
どうしたら子どもを救えるか、いろんな立場の人が声をあげるということを、先生は実践しているのです。
posted by ひなっぺた at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

■ららちゃん抜糸

抜糸
 
私は3歳の頃、スーパーの非常階段(外階段)から落ちたことがあり、記憶があいまいな時期にもかかわらず、はっきりと覚えています。
しかも、周囲の人たちの話が加わって、私の記憶はどんどん肉付けされ、くっきりとしたものになっています。
…おそらく、ららちゃんのおでこの傷も、似たようなことになるかも。
 
ららちゃん、自画像を描くときには、おでこに傷。
「ジャスコでごっつんして、ちくちくしたの。痛かったの。え〜んえん、しちゃったの。」と話します。
縫った翌日に消毒。3日後に傷を確認。看護士がピンセットを取り出すと、医師は「その必要はないよ」と言い、過剰な手当てはせず。
すがすがしいほど、きっぱりとした対応でした♪
そしてついに本日抜糸。
診察室に入ったときから「いや、いや」を連発するららちゃん。
でも私に両手、看護士に頭を押さえられ、医師の持つ小さなはさみが近づくと、「シール、シール!」と叫びます。
いつも治療後に、「がんばったね♪」とシールをもらえるのです。
「うんうん、あげるよ。だから頑張ってね」と看護士さん。
「よかったね、ららちゃん。」と私が話しかけてるうちに、ぷちっと呆気なく糸は取れ、ららちゃん、けろっとした顔で「ありがと、バイバイっ」と退室。
もちろん右手にはしっかりとシールを持っています。
こんな思いはこれっきりにしたいね。母の切なる願いです。
posted by ひなっぺた at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

■子どものケガ

子どもの動きは予測がつかないということを痛感した日。
開店直後のスーパー。
お菓子売り場にわくわくしながら駆け出した娘@ららちゃん。
「ママ〜、こっちよぉ〜♪」とこちらに笑顔で振り返り、前を向いた途端、そこには金属の陳列棚の角が。
慣れてる店でこんなことになるとは。
おでこから流れた血に、びっくりするららちゃんを抱っこして、公衆電話からタクシーを呼び、病院へ。
ありがたいことに、受付けの職員がすぐにこちらに気づき、創傷センターへ案内してくれました。
泣いているららちゃんに看護士さんが可愛らしいシールをくれました。
でも、ららちゃんは怖がって、みんなに「ありがとう。ありがとう」と言って帰ろうとします。
抱き上げて、傷を確認してもらったところ、Drが「ひと針縫おう」と一言。
すぐさま、ベッドへ移動し、ららちゃんの体にバスタオルがぐるぐる巻かれ、看護士さん3名がららちゃんを取り囲みました。
「おかあさんは外でお待ちください」と言われ、カーテンが閉められます。
ららちゃん、「ママは?」と声を挙げています。
「いるよ〜」とカーテン越しの私。
「シールは?」
「あるよ〜」
「ママ、どこ〜?」
「大丈夫、ここにいるよ〜」
そんなやりとりの間に、手際よく処置は進み、ららちゃんも落ち着きました。
みんなにバイバイして退室。
いちごのシール、気に入ったようです。
がんばったららちゃん。踏ん張った私。
病院から出る前に、ちょっと落ち着きたくて、待合室で自販機のジュースを飲みました。
どうしてあの時、手を繋がなかったのだろう、とかいろんな思いが溢れてくるけれど、「ももジュース、おいしい」とニコニコしてるららちゃんを見て、小さなケガで済んでよし、これ以上の痛い思いは絶対させるものか、と思いました。
…それでもこれからいろいろあるだろうけれど。
我が子の初チクチクは、ららちゃんでした。
まだ誰も骨を折ってないけど、それもいつかはあるのでしょうか。

posted by ひなっぺた at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

■かぼちゃクッキー

本日の親子料理教室のメニューは「かぼちゃクッキー」。
夏休みボケか、開始時間を勘違いして遅刻してしまいました。
他のメンバーはバターと砂糖をすり混ぜているところで、ららちゃんと私は、そこに少しずつ溶き卵を加えるところから参加しました。
…時間がたつと、卵とバターって分離してしまうんです。
でも、改めて混ぜるとつやつやに。
レンジで柔らかくしたかぼちゃを、フォークでつぶして加えます。
ららちゃんがふるった小麦粉&ベーキングパウダーをさくっと混ぜ、スプーンで天板に落とし、形を整えます。
この作業、個人差がはっきりと現れます!
丁寧に丁寧に形をつくる人、焼いているうちに形が広がるので大まかでいいや、という人(=私♪)、さまざま…。
焼き上がりは、さくさくというより、柔らかいミニケーキのような感じで、かぼちゃの甘味がたっぷり。
これに苦いコーヒーがあったら、最高かも、と思いました〜。


posted by ひなっぺた at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

■農作業

農作業
 
これまた以前の話題。
帰省中の子どもたちの楽しみのひとつ、農作業。
トマト、スイカ、とうもろこし、ジャガイモなどを収穫します。
ららちゃん、お砂場着が、農作業にぴったりです。
…子どもたちの喜ぶ顔を考えて、作付けを考えるじぃじ、ばぁば。
難を言えば、子どもたちのためにあれこれおやつを買い込んでしまうので、せっかく採れた野菜たちを味わうタイミングを逃してしまいます。
アイスを出す前に、スイカを切ればいいのに。
サイダーを飲ませる前に、自家製トマトジュースを用意すればいいのに。
おせんべ配る前に、ふかしたジャガイモやとうもろこしを出せばいいのに。
 
とにかく、あれもこれも、食べさせたい一心なのですね。
親心ならぬ祖父心&祖母心。
感謝です。



posted by ひなっぺた at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

■フルーツ白玉

月に一回、子育てを支援するセンターに、ららちゃんと通っている親子料理クラブ。
ほんとは、同じような年頃の子どもを育てている親同士、和気あいあいと交流するきっかけになる場になるはずが、私はついつい作業に熱中してしまいます(苦笑)
子どもたちは、調理に参加してもいいし、飽きたら、別室で職員さんと遊ぶこともできます。
ららちゃんは、エプロン&バンダナのいでたちで、張り切って調理に加わります。
今日は「フルーツ白玉」。
白玉粉に熱湯を注いでまぜまぜ。
粉がなじんだら、手でこねて、小さく丸めます。
真ん中を指でちょっとへこませて、おなべでゆでます。
浮き上がったら、穴あきおたまですくって氷水をはったボウルへ。
缶詰の桃やミカン、キウイやバナナを小さく切ります。
〜ららちゃんが包丁を振り回すので特に注意が必要です。
リンゴジュースと混ぜ、冷えた白玉だんごも加えます。
缶詰のシロップも入れちゃえ!
器によそって、出来上がり♪
 
…時間内にできて良かった、と安堵しつつ、同じ班のお母さんとおしゃべり。
でも、それも一瞬で、ぱぱぱっと洗い物して、お片づけ。
料理べたなので、気持ちに余裕がないのです。(そこをなんとかしたい。)

posted by ひなっぺた at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

■必要とされる人

中学校の三者面談。
さっちまは夏風邪のため、部活を休んで帰宅。
私だけ、出席することになりました。
苦手な教科に四苦八苦してるわりには、あせることもなくのんきに構えているさっちま。
…どんなことを言われるのかな。
 
ところが、先生はさっちまを褒め、授業時から具合が悪そうなさっちまを、多くの生徒が気遣っていたことを、「日頃、さっちま君が誰にでも優しいからだ」と話してくれました。
穏やかなさっちまについて、「彼こそ、これからの世の中に必要とされる人です」と言ってくれました。
ありがたいことです。
 
勉強のこまごまとしたことを気にかける私と、社会人になるところまで見通して人柄を見ている担任の先生。
立場が逆のようだけど、なんだかいいバランス。
報告を受けたさっちまも、きついことを言われるのを覚悟していただけに、拍子抜けしつつ、ちょっとうれしそうでした。
posted by ひなっぺた at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

■初花火

近所のかたから頂いた花火。
「いつやるの?いつやるの?」とてえてえが張り切ります。
実は彼は、花火が大嫌い…だったはず。
火をすごく怖がり、おまけに花火大会では大きな音にもびっくり。
家に逃げ帰ったあとも
「音が家の中まで入ってくる〜」と泣きじゃくった過去があります。
   
終業式の日にやろうよ、と約束したところ、本日、夕食後にいそいそと準備を始めました。
そういえば、ららちゃんには初めての花火。
てえてえのように怖がる気配はなし。
真っ暗になる前の方が、片付けもしやすいし、騒いでも近所のご迷惑にならないだろうと、7時前に始めました。
バケツに水をくんだり、花火の説明を読んで、持つところを確かめたり、慎重なてえてえです。
(たしかに、花火をさかさまに持つことってありますよね。たまにわかりにくいデザインのものがあります。)
 
ららちゃん、果敢にも、一人でやりたがります。やはり。。。
 
太郎さんの花火がパチっとはじけて、ららちゃんの手に、ちょっと飛んできました。
「あちっ」と言ったけれど、その後もひるみませんでした。
締めくくりは、てえてえとさっちまの線香花火の勝負。
てえてえ、初めて心から花火を楽しんだ様子でした。
さぁ、長い夏休みのはじまりです!

posted by ひなっぺた at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。