2009年04月12日

■さくらのトンネル

…いかんいかん!あっという間に4月です。
わーい(嬉しい顔)
 
早寝になってしまい、PCとともに深夜まで…ということがなくなってしまいました。
そして、その早寝の原因(?)のららちゃんは、元気いっぱい!
たっぷり動いて、すぅっと寝る姿のかわいいこと♪
  
中3のさっちまの、ささいなあれこれに一喜一憂する日々ですが、おさなごのいる生活は、さっちまにも私にも、優しさを与えてくれます。
 
もっちろん、てえてえも元気ですよ〜。
 
まだまだ桜の美しさが分からない息子たちを乗せ、桜並木をドライブ。
ららちゃんだけが、ピンク色にわくわく。
そして私たち夫婦は、はかなさとかを重ね合わせて花を愛でる歳に。
(ずいぶん前からなってます。)
家族みんなで桜を見た。それで十分♪

posted by ひなっぺた at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

■年賀状の感想

旧年中に出す年賀状はもちろん大事だけれど、
新年を迎え、いただいた年賀状の写真や近況に、思わずコメントしたくなってしまうことがあります。
「甘えん坊さんが、こんなスポーツ少年になるなんて」
「素敵なお姉さんぶりを発揮してる!」
「そっか、マイホーム買ったんだぁ」
「うわっ、ベストショット☆」
などなど。
電話してもいいんだけど、たまたま出していなかった相手だったら、とっておいた年賀状に、感想を書いて投函しています。
一言ずつでも、いろんな年賀状に対して、ひょいひょいって手軽にコメントが届けられるといいな〜。


posted by ひなっぺた at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

■クリスマスイブに

ららちゃんは、サンタさんに「まっくろくろすけをお願いします(代筆ひなっぺた)」と手紙を書きました。
待ちきれないららちゃんのために、枕カバーにまっくろくろすけのアップリケ。
今までは、てえてえの枕がお気に入りで、いつも寝るときに取り合いになっていたけれど、すんなり自分の枕で寝るようになりました。
 
クリスマスイブの前日に、てえてえと一緒にキャラメルクリームを作りました。
砂糖と少量の水を煮立たせてカラメルを作り、そこに温めた生クリームを混ぜ、とろとろに。
冷めると固まりだし、パンに塗るのにちょうどよい感じ。
翌日、牛乳を足して、ゼラチンで固め、「パンナコッタ」に。
残ったキャラメルクリームをかけて出来上がり。
とてもこくがあって、これだけでお腹にたまりそうです。
 
もう一品。
市販のプリンの素に、森永マリービスケットを加えて固め、生クリームと赤スグリの実を飾ります。
プリンよりもしっとりしていて、ビスケットもカステラ状になり、美味。
 
街のケーキ屋さんでそれぞれが選んだケーキと一緒に食べます。
イチゴ嫌いのさっちまは、「質より量!」で、シュークリーム2個。
太郎さんはモンブラン、てえてえはガナッシュケーキ、ららちゃんはレアチーズ、私はシフォン。みんな、小さなクリスマスの飾りがついています。
ららちゃんリクエストで、ケーキにろうそくを立て、「ふぅ〜っ」。
さすがに歌は「ハッピーバースディ」ではなく、「もろびとこぞりて」にしました。
今日だけは、甘いもの三昧♪
メインのキーマカレーがかすみます。。。
 
大人たちまで寝るようにせかされて、早々と眠りにつきました。
サンタさんを“卒業”したさっちまは、すでに私たちからのプレゼントを受け取っていますが、弟や妹を茶化さずに、そっと見守っていました。
posted by ひなっぺた at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

■かぼちゃ

秋は子どもたちの誕生日が続きます。
今回、ケーキは作らず、街のケーキ屋さんへ。
ちょうどハロウィンの飾りつけがされていて、てえてえ&ららちゃんは大喜び。
空気でふくらました巨大なオレンジのかぼちゃから、時々黒猫が顔を出す、というおもしろい飾りに、ららちゃんは釘付け。
「ハロウィンには、扮装して来店したお子さんに、プレゼントがありますよ」と店員さんから言われ、楽しみに♪
小さな田舎町ですが、なぜかハロウィンには、幼稚園児が扮装して商店街のお店めぐりをして飴をもらう等、イベントが企画されています。
果たして洋物のイベントが根付くのか?
首をかしげつつ、それでも繰り返し見ているうちに、おばけかぼちゃも愛嬌があるなぁと思えてきました。
うちの子たちは、かぼちゃの煮物より、天麩羅がうんと好き。
そのぐらいしか、レパートリーがないなぁ〜。
 
子どものころ読んだ「大草原の小さな家」シリーズに、巨大なかぼちゃ対決の話があり、日本の深緑の小さなかぼちゃとは違う、オレンジのビックサイズのかぼちゃ話にわくわくした覚えが。
かぼちゃの茎に点滴みたいにミルクまで注いで、ぐんぐん育てていたはず。
かぼちゃに対する意気込みが桁違いな感じです。




posted by ひなっぺた at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

■初鍋

つい最近まで、クーラーを使っていたような気がしていたのですが、あれよあれよという間に、涼しい→肌寒い気候に。
 
運動会の代休のてえてえ。
夕飯のリクエストは「鍋」です。
雨の中、ららちゃんに合羽を着せて買出しへ。
白菜、ねぎ、にんじん、鳥肉、くずきり、舞茸……「鍋」モードになってきたネ♪
 
てえてえがお手伝いをしたいと言うので、舞茸をほぐしたり、ポリ袋に冷やご飯を入れてもみもみしたり。
手に少量のサラダ油をつけて、つぶしたご飯を小さな団子状に丸め、グリルで焼きます。
秋田では“だまこもち”とも呼ばれる、丸いキリタンポのようなものです。
塩味スープの鍋に、だまこもちもさっと投入。
うどんや雑炊の準備もしましたが、鍋自体で結構おなかが膨れた模様です。
…とうとう鍋物シーズンがやってきました。
結婚祝いにいただいた電気なべ。
今年もがんばってもらいます!


 
posted by ひなっぺた at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

■初朝顔

初朝顔
 
なにかのイベントで配られていた花の種。
育ててみたら、大ぶりで斑入りの朝顔が咲きました。
ふるさと秋田では「お盆が過ぎたら、一気に寒くなる」と言われていますが、今年、わが町でもそんな感じ。
すると、朝顔も敏感に反応して、たくさんの蕾をつけ始めました。
もう一種類、小さな青い朝顔も咲き、双方絡まりながら、朝の挨拶をしてくれています。
posted by ひなっぺた at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

■迎え火

迎え火
 
少々、前の話題ですが、お盆に帰省した折、子どもたちは初めて「迎え火」を体験しました。
ご先祖様が帰ってくる…という話は、ぴんとこないようです。
でも私には、お墓をぴかぴかに掃除して、ご先祖様が迷わずに来れるよう、目印に火を焚くというのは、なかなかおもしろい行事に思えます。
焚き火すら出会えない子どもたち。火を起こす作業も、新鮮だったことでしょう。
posted by ひなっぺた at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

■キバナコスモス

部屋の掃除は苦手なのに、庭の草むしりは大好き。
ららちゃんと土いじり、水遊びをしながら、ちょこちょこと集合住宅の草むしり。
ついでに片隅に花を植えています。
住人の方と顔を合わせる機会も増え、よかったら…といただいたのが「キバナコスモス」。
自分が蒔いたものなら、枯れても仕方がないと思えるけれど、ひとさまからお預かりしたものは、必ずや咲かせなければ、と責任感が芽生えます。
暑い日は、日が落ちてから水遣り。時々、肥料を。風の日にはテープで補強。
無事に花が咲き、ほっとしています。
 
キバナコスモス



posted by ひなっぺた at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

■八重桜

八重桜
 
ちょっと前の写真ですが…。
ららちゃんとお散歩中、撒き散らかしたティッシュではなく、落花した八重桜を発見。
お花が好きなららちゃんが大喜びで拾っていました。
ソメイヨシノとはまた違う風情で、これまた素敵です。
posted by ひなっぺた at 22:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

■トンボの池

行事の代休のてえてえを誘い、ららちゃんと3人でお気に入りの原っぱへ。
花見の時期は混雑しますが、桜が散ると、しんとしています。
せっかくだから、原っぱのど真ん中に座り、青空を眺めながら焼きたてパンをかじりました。
 
原っぱの向こうに、行ったことのない池が見えました。
 
トンボ池2
 
よく見ると、糸トンボが葉にとまっています。
 
トンボ池1
 
名前は分からないけれど、いろいろな種類のトンボがとまっていました。
生き物好きのてえてえにはたまらない場所だったようです。
ミズスマシやタニシ、カエルも見つけました。
 
二時間ほど過ごして、帰ろうとした矢先、ゆらりと泳ぐ亀を発見。
こちらの足音に気づいて、甲羅干ししていた亀も、どぼんどぼんと池に飛び込みます。
「なんか、すごい場所見つけちゃったね」とてえてえ。
生き物に出会う、いい季節なのかもしれません。
posted by ひなっぺた at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

■シラー・ペルビアナ

ペルビアナ
 
お好み焼きがおいしい喫茶店のそばにあった公園に咲いていた青い花です。
小さな花が集まって、ボリュームたっぷり!
 
ららちゃんはどんな遊具にもチャレンジしようとします。
慎重(臆病)だったさっちま&てえてえとは違い、とにかく大胆。
こちらもそれを覚悟して、怪我を防がなくてはなりません。
…たまには、しゃがんでお花を眺めてはいかが?(笑)
posted by ひなっぺた at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

■アカシア

アカシア1
 
 
アカシア2
 
春休み中の大学の、太郎さんの研究室へ。
殺風景な部屋に、てえてえが作ったジグソーパズルを飾りました。
中庭には、アカシアの黄色い花々。
窓からこの花が見えるなんて幸せ!
 
私は「ミモザ」だと思っていましたが、正確には房アカシアとか銀葉アカシアという種類のようです。
春は黄色、というイメージが強く、アパートの庭にも黄色いビオラやマーガレット、水仙を植えています。
なんだか心が晴れ晴れとするような感じ。
posted by ひなっぺた at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

■家事の見直し

主婦歴○年、という言葉を聞くと、思わず小さく小さくなってしまう私。
家事をきちんと積み重ねてこなかったから、プロフェッショナルな感じのかたに出会うと圧倒されます。
 
たまたま手に取った雑誌にあった、百瀬いづみさんの文章に釘づけ。
…主婦だけにしかわからないやりかたは、主婦がいないととたんに家が機能しなくなる…
 
太郎さんの入院生活直後だけに、彼だけでなく私もいつか…と想像すると、私だけが得意げにやって成り立つ暮らしというのは、危険なような気がします。
私も、自分だけができるTシャツのたたみ方を自慢していたけれど、とにかくしわにならず、引き出しに入ればそれでいいじゃん!と思い直しました。
全員参加の家事、を意識するのは大切な気がします。
  

 
百瀬さんが提唱しているのは、メリハリのある家事。
すぐに着ると分かっている洗濯物は、わざわざきちっとたたんでタンスの中に仕舞う必要があるのか、という問いから、色の濃い服を洗濯するたびに糸くずがつかないようあれこれ腐心するくらいなら、そもそもそんな服を買わなくてもいいのでは等々、「家事」の見直しをしています。
とはいえ、なんでも省くわけではなく、百瀬さんも、お子さんの部屋の壁を自分で塗ったり、こだわってとことんやることもあります。
ここは譲れない、でも時間は限られているのだから、そのための時間をどう捻出するか、自分のやっていることをチェックし、外注するもよし、という姿勢は、とても参考になりました。
本に登場する「願い事手帳」というのもおもしろそう♪
posted by ひなっぺた at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

■淡雪

淡雪
 
温暖なこの町にも、雪がうっすらと。
今年、最初で最後の雪らしい雪かも。
この冬は、雪が積もることはありませんでしたが、青空のなか、風に乗って雪がどこからか運ばれてくることがありました。
お日様が照っているので、雪に気づかないことも。
 
てえてえとららちゃんは雪遊び。
握るくらいの量はないので、雪玉のつもりがどろんこのかたまりに。
それでも「雪!雪!」と楽しそうでした。

posted by ひなっぺた at 22:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

■年越し

.雑煮2008
 
雑煮(秋田の実家風)は、四角い焼いた餅、鶏肉、せり、にんじんを入れて、醤油で味付け。
いつか白味噌&丸餅というのも食べてみたいです…。
 
本年もよろしくお願いいたします。
  
年越しは太郎さんの実家で過ごしました。
息子たちは、じぃじと寝たので、結婚以来、はじめて太郎さんと「紅白」を最後まで見ました。
福祉施設に勤めていた頃は、泊まり勤務になることが多かったし、家にいる時は、太郎さんが途中でぐっすり。
私一人だけ起きていました。
今回は、「奥さんにつきあってずっと起きている優しい夫」というのをやってみたかったようです(笑)
 
私も夜更かしが苦手になってきているので、貴重な経験かも!

posted by ひなっぺた at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

■クリスマスの献立

ご馳走
 
クリスマスイブは、町のケーキ屋さんに、チョコレートのケーキを予約しておき、生クリームを使った白いケーキは自分たちで作ることにしました。
市販の白いケーキには、さっちまが苦手な苺が、たっぷりはさんであるからです!
見かけはイマイチですが、ドームの上のほうには桃とプリン、下にはクリームとバナナが隠れています。
見ようによっては「モンサンミッシェル」と呼べるかも(笑)
 
これがなかなか美味♪
 
以前住んでいた町で、宅配ピザのお気に入りメニューだった「焼肉ピザ」も作りました。
こちらには、宅配ピザ屋さんがないのです!(…お好み焼きの方がリーズナブルでおいしいからかな?)
 
そして、かねてから我が家で話題にあがっていた、給食の一番人気「鶏肉のレモン漬け」をこっそり用意しました。
給食センターのwebサイトでレシピを見て作りましたが、息子たちによると「もっと肉が小さく切ってある」そうです。
片栗粉をまぶして揚げた鶏肉に、醤油と砂糖と水で作ったたれをからめるだけ。レモン漬けとはいうものの、ちょっぴりレモン汁を加えるだけで、ほんのりレモンが香るかなという程度。
「これはこれでおいしいよ」と言われ、安堵しました。
posted by ひなっぺた at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

■フウの実

もみじばふう
楓と書いて、かえでと読まず、「ふう」と読む木があると知りました。
公園で見つけたトゲトゲの実は、小さな小さなドリアンのよう!
振ると穴から、平べったい種が飛び出します。
正確に言うと、これは「モミジバフウ」(紅葉葉楓)。
クリスマスリースに映えそうな実ですね!
posted by ひなっぺた at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

■リンゴのちから

田舎からリンゴが届きました。
なんだか口さびしいときや小腹がすいたときは、リンゴの出番!
私がリンゴをむき始めると、家族がテーブルに集まってきます。
リンゴってすごいなぁ。
ららちゃんは、包丁を使う私に「えらいね〜、えらいね〜」と声を掛けてくれます。
前歯が差し歯の太郎さんのために、リンゴは小さめに切ります。
私もむきながら大きめのをがぶり!口いっぱいに果汁が広がります。
 
このリンゴを作っているおうちは、リンゴの収穫を終えると、山のふもとにある「冬の家」へ移ります。
雪が積もる間、除雪車さえ行くことがないリンゴの里は、静かに春を待つのです。
posted by ひなっぺた at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

■物干し竿に

かまきり
 
バスタオルを干そうとしたら、がさごそっと動くものが。
最近、すっかり見かけなくなっていたカマキリでした。
秋口には、庭のあちこちでうろうろしていたものですが、どうしてここまで登ってきたのか…。
小さな体なのに迫力がありました。

posted by ひなっぺた at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

■くっつきどんぐり

くっつきどんぐり
 
ららちゃんのままごと用に、ドングリを拾っていたら、帽子を共有している2個のドングリを発見!
 
“帽子”は殻斗(かくと)と呼ぶそうです。
ドングリ入門 
 
横じまの殻斗がびよ〜んと伸びている様子は、てえてえと太郎さんが一枚の毛布にくるまっている姿にそっくり(笑)
寝返りをうっているうちに、太郎さんが体に巻きつけてしまうので、てえてえの体は冷えてしまいそう。
だから、別々に毛布をかけてね、と心配して言うのですが、寝るときは同じ毛布のほうがお互いあったかくていい♪と言い張るのです。
そんなわけで、くっついて暖めあってるドングリ、に見えなくもない…自然の不思議。
posted by ひなっぺた at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。