2005年06月14日

■7月おはなし会準備(1)

おはなし会では、絵本の読み聞かせやストーリーテリングの合間に、簡単な“お楽しみ”メニューを用意します。
この4月からの試みだそうで、初回はペープサート、前回はなぞなぞをやりました。
さて、7月はどうしよう…、と図書館にメンバー3名が集まって相談。
結局、好評だったなぞなぞに決まりました。
児童コーナーから、なぞなぞに関する本を持ってきて、どれにしようか話し合ったのですが、一つのなぞなぞから話題が発展して、楽しい時間になりました!
 
…アフリカのなぞなぞに「この世で一番大切なものは何?」というのがあり、みんなで「なんだろう…」「命、かな?」「水かも!」とわいわい言い合っていたら、答えは「火」でした。
頓智のきいたクイズというよりは、一族の長老が、子どもたちに教え伝えていくような感じです。
 
すると一人が、「なんだか火に対する畏れや、尊ぶ心が感じられるわね…」と感想を述べ、
もう一人が「そういえば、比叡山の延暦寺では、長い間絶やさずに灯され続けているあかりがあるんですって」と続けました。
私はその展開にわくわく♪
私よりずっと年上の方々で、お話や言葉に対する関心が深くて、いろんな刺激を受けそうです。
 
「…なにか、いいなぞなぞは見つかった?」と聞かれ、私が言ったのは
「たぬきはたくわんを食べるでしょうか?→正解は“くわん”。『た』抜きだから」というものでした。
(^_^;)
「たぬきがかたたたきして、ご褒美にもらったのは」というのもお気に入り!
こういう趣味ですみませんっ。正解はわかったかな?


posted by ひなっぺた at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おはなし会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。