2005年01月19日

■ツワブキの綿毛

ツワブキの綿毛
ツワブキの花を見たとき、その黄色い花がタンポポと同じキク科と知り、花が終わったらどうなるかな〜と楽しみになりました。
でも、花が茶色く枯れてからはなかなか変化がなく、ちょっと諦めていました。

なんと!年が明けたら、可愛らしい綿毛に♪
冬の日差しに照らされ、あたたかそうでした。
 
【2月1日:追記】
つわぶきって、どんな植物?と思ったかた!
hanaboroさんの
花図鑑のボロボロブログ−ツワブキ
に、詳しく紹介されていますよ^^


posted by ひなっぺた at 21:15| Comment(4) | TrackBack(1) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやく、ツワブキを撮影できたので、拙い記事ですがトラックバックさせていただきました。ひなっぺたさんのお写真のようにポカポカの綿毛にしたかったんですが、見つけたツワブキは日当たりのよくない場所にあって、寒さで震えながらやっと写しましたよ。

関西の方にお引越しされるんですね。土手のシロバナタンポポたちがさびしがるかもしれませんが、お引越し先でもまたいろんな草花が迎えてくれることでしょうね。
Posted by hanaboro at 2005年02月01日 17:34
■hanaboroさん、ありがとう!
土手のタンポポは、タンポポを愛するかたに託し、その後の姿も、時折教えていただこうと思っています。
ツワブキって、花が終わったあと、綿毛ができるまで、ずいぶん時間がかかるんですね。びっくりしました。
Posted by ひなっぺた at 2005年02月03日 10:12
こんばんは、生字引です。
hanaboroさんの所から飛んできました。
僕の家では何度植えてもツワブキはつきません。
土質や日当たりなどの環境に左右されやすいようですね。
自然に生えている所もあるというのに...残念なんです。
ギボウシはつくので、今度はその近くにでも植えてみようかな。
Posted by 生字引 at 2005年02月07日 00:40
■生字引さん、こんにちは。
写真のツワブキの生えている場所は道路脇で、菊や野菜などを(勝手に)植えた人がいたらしく、ほったらかしになっています。でも、毎年たくましく育っているんです。
私はタンポポを育てようとして、うまくいかなかったことがありますが、野生のものをいざ育てようとすると、難しいですね。
Posted by ひなっぺた at 2005年02月07日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ツワブキ
Excerpt: ツワブキは、本州(太平洋側では福島以西、日本海側では石川以西)、四国、九州、沖縄の海岸近くの岩場や崖などに生える多年草です。草丈は花時期で30cm〜70cmほどになります。冬でも地上に葉を出してい..
Weblog: 花図鑑のボロボロブログ!
Tracked: 2005-02-01 17:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。