2009年01月08日

■伊達巻づくり

スーパーの年末のチラシに載っていた「はんぺんを使った伊達巻の作り方」。
帰省の折、じぃじが作ってくれたものは、しょうゆを入れたのでしょっぱかったので、てえてえが改めてリクエスト。
 
卵4個、袋のままよくもんでつぶしたはんぺん1枚、砂糖大さじ4、みりん大さじ1、だし汁大さじ1。
均一にしたければミキサーにかけてもいいけれど、はんぺんが小さな塊のままでも、口の中で卵となじむので、気になりません。
 
だてまき
 
蓋をして弱火で焼き、底に焼き色がついたら、ひっくり返す。(やわらかいので気をつけて。)
軽く火を通したら、焼き色のついた面を下にして、巻きます。
巻きすがないので、手ぬぐいの上にクッキングペーパーを敷き、隙間が大きくできないように注意しながら巻きました。
少し亀裂ができても目立たないので大丈夫。
輪ゴムで留めたら、深めのマグカップに立てて、自然に冷まします。
 
2時間後ぐらいに切ると、きれいな巻き目。
しっとりとしていて、市販品より美味。
太郎さんにも褒められました。
てえてえ、明日のお弁当にも入れるそうです。
posted by ひなっぺた at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。