2009年01月02日

■一眼レフ

さっちまが両親にリクエストしたクリスマスプレゼントは「流星が撮れるカメラ」。
シャッターを開放する時間が長いものが良いそうです。
手軽なコンパクトデジカメでも、1分程度はできますが、一眼レフタイプだと押してる間ずっと開放、なんてことも可能です。
とはいえ、流星をとらえるのは運次第。
カメラになじむのが一番なので、帰省中の撮影係を任命しました。
でも、思いついたらぱっと撮る、のはコンパクトデジカメ有利ですね〜。
あらかじめ被写体が決まっていて、それについて準備した上でいい写真を撮る場合は、一眼レフの出番でしょう。
集合写真や花の写真などが向いてます。
自分のデジカメを買い換えようと思っていた私は、時たまさっちまのを借りようともくろんでいたけれど、早々と退散。
ららちゃんを追いかけるにはコンパクトデジカメ必須です。
posted by ひなっぺた at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。