2008年07月31日

■必要とされる人

中学校の三者面談。
さっちまは夏風邪のため、部活を休んで帰宅。
私だけ、出席することになりました。
苦手な教科に四苦八苦してるわりには、あせることもなくのんきに構えているさっちま。
…どんなことを言われるのかな。
 
ところが、先生はさっちまを褒め、授業時から具合が悪そうなさっちまを、多くの生徒が気遣っていたことを、「日頃、さっちま君が誰にでも優しいからだ」と話してくれました。
穏やかなさっちまについて、「彼こそ、これからの世の中に必要とされる人です」と言ってくれました。
ありがたいことです。
 
勉強のこまごまとしたことを気にかける私と、社会人になるところまで見通して人柄を見ている担任の先生。
立場が逆のようだけど、なんだかいいバランス。
報告を受けたさっちまも、きついことを言われるのを覚悟していただけに、拍子抜けしつつ、ちょっとうれしそうでした。
posted by ひなっぺた at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。